明けましておめでとうございます

     本年も宜しくお願い致します

 

今年は戌年*我が家のワンコを撮って…と撮影を試みたけど…2匹一緒には写ってくれません。。。まあ気持ちよく寝てるし、いいかぁ~~~

猫エイズウイルス感染症の病態と症状

 猫エイズウイルス感染症とは、正式には猫後天性免疫不全症候群(ねここうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん)といい、ネコ免疫不全ウイルス(FIV)により引き起こされる諸症状のことを指します。名称が長いことから単に猫エイズとも呼ばれます。最初に発見されたのは1986年と比較的最近のことですが、おそらくそれ以前からも存在していたと推測されています。
 ウイルスの潜伏場は白血球のT細胞やマクロファージであり、動物病院等での血液検査によって感染の有無が確認可能です。感染確認の為の検査キットでは、ウイルスに対する抗体(ウイルスを排除しようとする体内の成分)を検出しますが、抗体が確認可能な状態になるまで約1ヶ月かかるので、それまでの間はたとえ感染していても陰性と誤判定される危険性があります。感染の可能性が高い場合は、初回検査から1ヶ月後以降(できれば2ヶ月後以降)に再検査することが推奨されます。
 逆に、生後2ヶ月から3ヶ月の子猫の抗体検査では陽性と判定されたのに、6ヶ月から8ヶ月以降に再検査をしてみたら陰性になっていたというケースがあります。これは、子猫が飲んだ初乳(子猫が生まれた直後に初めて飲む母乳のこと)の中に、母猫が持っているFIV抗体が含まれており、その抗体が検査キットに反応したためと考えられます。
 猫エイズウイルス感染症の症状には以下のようなものがあります。ウイルスに感染するだけですぐに発病するわけではなく、一般的には急性期無症状キャリア期エイズ発症期という時期を経ます。
猫エイズウイルス感染症の主症状
  • 急性期 まずは急性期の症状が現れます。エイズウイルスに感染した全ての猫に見られるわけではありませんが、一般的に感染後約1ヶ月ぐらいで風邪、下痢、リンパ節が腫れるなどの症状がみられるようになり、こうした軽い症状が1ヶ月~1年くらい続きます。
  • 無症状キャリア期 急性期に見られた症状が一旦影を潜め、無症状キャリア期と呼ばれるフェイズに入ります。急性期を過たウイルスがいったん攻撃をやめ、猫体内のリンパ球の中に潜んでしまった状態です。それに伴い症状も消えるため、あたかも病気が治ってしまったかのような体調になりますが、完治したわけではありません。この間にもウイルスは猫の体内でリンパ球を破壊し、次第に免疫力を奪っていきます。無症状キャリア期は通常4~5年、猫によっては10年以上続きます。
  • エイズ発症期 無症状キャリア期が終わると、いわゆるエイズ(後天性免疫不全症候群)を発症し、エイズ発症期と呼ばれる時期に入ります。最も多く見られる症状が、歯肉、歯周組織などの炎症や細菌感染による口内炎、口の中の潰瘍(かいよう)、口臭、よだれなどの口腔内の疾患で、約半数の猫で認められます。その他には体重減少、嘔吐、下痢、よく風邪をひく、風邪がなかなか治らない、ダニや真菌といった日和見感染症(ひよりみかんせんしょう=通常なら無害な菌が、免疫力の低下につけ込んで症状を現すこと)による皮膚炎や、食欲減退、脱水、といった症状です。さらに免疫力が弱まると、肺炎胸膜炎悪性腫瘍(いわゆるガン)、その他、さまざまな臓器の障害が引き起こされます。

猫エイズウイルス感染症の原因

 猫エイズウイルス感染症の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。
 予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
猫エイズウイルス感染症の主な原因
  • 接触感染 ネコ免疫不全ウイルス(FIV)の主な感染経路は、交尾・ケンカによる体液の接触感染です。交尾による感染ルートに関しては、体液の交換よりもオス猫がメス猫の首筋にかみつく(ネック・グリップ)ことによる唾液を介したルートの方が臨床上は重大とされています。猫エイズウイルス自体の感染力は弱く、猫同士のなめあい、授乳、食器の共用などによって感染するということはほとんどありません。また、風邪のように空気感染することもありません。
     人間のHIV(いわゆる”エイズウイルス”)と同じ「レトロウイルス科レンチウイルス属」に分類されますが、犬や人に感染することはなく、ネコおよびネコ属に特異的なウイルスです。
  • 垂直感染 FIVに感染している母猫の胎盤を経由して、子宮内にいる子猫に感染するというルートもあります。その結果、胎仔の発達停止、死産、流産などが起こりますが、確率的にそう高くはありません。
猫エイズ感染の危険因子 米国農務省によれば、世界中の家ネコの2%から25%がFIVウイルスに感染していると推定され 、感染率は日本(約23.2%, 2010年)とオーストラリアで最も高く、米国とヨーロッパでは最も低い数字となっています。野外を散策する猫、高齢猫、および慢性疾患を抱える猫は感染している可能性が高いといわれますが、最も感染確率が高いのは、他の猫とケンカをする可能性が最も高い、野外を徘徊(はいかい)する攻撃的なオス猫です。
【引用文献】
仔猫の部屋
http://www.konekono-heya.com/byouki/infection/fiv.html#one
                                  2017.12.22.____________________________________________

 10月22日の台風のため ガラスが道に飛んできて粉々になっています。犬の散歩時は充分に配慮してあげて下さい。素足ですので、プラスチックも足を切ります。よろしくお願いします。

 

⁂ 尚、 BLOGが担当者がいない為、更新していません。                                                        

                                   2017.10.28.

 

捕獲器のカバーが出来上がりました!!

 

昨年(2016.12月) 寄付で頂いたベッドのシーツカバー。病院で使用するような・・・しっかりした生地です。

 

クッキーを焼いて下さったり、チラシをまいて下さったり、何かとお手伝いして下さる Hさん 頼りになるボランティアさんです。

 

可愛いカバーは Hさんの作品です。

ありがとうございました。

 

2017.1.27.

明石の猫カフェ【カーロ】さんに行って参りました。可愛い子猫が(8ヶ月程の・・・)11匹。保護猫カフェということで、里親様が決まっている子もいました。

 

ウチも馴れてる子が居ればカーロさんに預かって頂き、里親様を募集出来れば…と思っています。

2017年 

 

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします

 

昨年12月11日に譲渡会開くことが出来ました。宣伝もままならぬ状況下で、里親様募集のニャンコも少しししか集まらず、里親様が決まったのも一匹のみ。バザーの方は何とか、会場の用事のついでにお越しいただきお買い上げいただきました。

 

お二人の方が、ワザワザ会場にお越し頂いて寄付の品物をご持参下さって・・・暮れの忙しさにかまけて寄付欄に書き入れが遅くなり申し訳ございませんでした。

 

お名前が間違っていれば polutosu@gmail.com にご連絡頂ければ幸いです。

 

                                    2017.1.21.

ヘッダー画像は【ピーターとパッツイ】です

2016の9月に神戸市北区の北鈴蘭台で保護されました。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ブログ出来ました

 

http://kitakobeanimaruz.hatenablog.com/

里親様ご自身が近況・写真をアップ出来るような 《参加型ブログ》を目指しています

 

                                    2016.8.29.

ヘッダーの画像が変わりました 2016.7.18.

神戸市北区甲栄台で保護した雄猫です。このころ、顔中疥癬が出来てこの子より先に保護した=ジャスミンちゃんも同じ様に顔が大変なことに成っていました。ブロードライン使ったので蚤ダニなど疥癬も治りました。

この子はTNRしたので、治ってるか?確認出来てません。可哀想ですが暑い最中元の場所へ放しました。ごめんね・・・

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

ヘッダーの画像が変わりました 2016.6.17.   

 

神戸市北区鈴蘭台東町で保護した4匹めの子です。餌は誰からか貰っていた様です。

しかし、誰も避妊去勢手術をしないので猫の数が大幅に増えています。気の荒い子も居て餌にありつけない猫も居るようでした。馴れない子ばかりですが…里親さま探ししたいと W家に保護中です。この子は去勢手術で入院中 余程オシッコを我慢していたのか?退院後、車の中にオシッコが漏れてしまう程大量にやっちゃいました。もちろんキャリーバッグの中にはペットシーツ一杯敷いていましたが・・・(^-^;

 

なのでピッピちゃん ♂ です 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヘッダーの猫たち

 

                              ~~~ 2015.11吉日 ~~~

 

もう16、7年も前の事。ウォーキングの最中ミイミイ~~と子猫の声がして…どこだ?と、皆で探し回りました。交番のお巡りさんによく照らすライトを借りて。やっとの事で保護したのがリンチェイ君♂(左)でした。治せない病に係り6か月で亡くなってしまいました。まだ幼いロケット君(右)ととても仲良しでした。思い出の一枚・・・表紙を飾ります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

3月19日 月曜日                      ボランティアさんが来てくれました

 ここより ↑ は “北神戸アニマルズ”になります

3月13日火曜日                 センターにボランティアさんが来てくれました

黒潮号もケアーも小路ちゃん・大和君の散歩もして頂きました。有り難うございます。
黒潮号もケアーも小路ちゃん・大和君の散歩もして頂きました。有り難うございます。
ご自宅でも猫を2匹飼っている 大の猫好き!!虎が飼いたいと言う程の心強い味方です。
ご自宅でも猫を2匹飼っている 大の猫好き!!虎が飼いたいと言う程の心強い味方です。