最近野良猫を保護して・・・本当にそうっだったのか・・・と、気が付いた事。

 

 たまに野良猫を保護すると、思いっきり泣き喚く子がいます。一番酷かった鳴き方をしてたのが、ナナちゃん(鳴き方がなぁ~~なぁ~~がぁ~~と鳴く)ずーっと鳴いています。同じ部屋にいる猫達にはたまったモノじゃない・・・。

外に出せ~~なのか?お腹空いた~~? 怖いよう~~~!! 何するねん!! 閉じ込めて・・・なのか?でも此処が温かく安全で、人も優しいし。。。と分かってくれたら 鳴かなくなります。

 

がっちゃん、という雄猫は約2週間 朝も昼も夜も 鳴き詰めでした。

でも、ナナちゃんは5週間強ないていました。声、大丈夫?と心配するほど・・・。

 

鳴くから・・・と言って放り出さないで下さい。

 

皆さま、猫を保護して優しく接して上げて下さい。 

 

絶対にその内 鳴き止みます。

怒らないで下さい。お話が上手な子ほど よく鳴きます。

 

犬も猫も、要求があって鳴いています。

鳴いていたら

『どうしたの?』と必ず話しかけて、聞いて上げて下さい。

犬や猫が言ってる事が絶対分かります。分かる様なります。

彼らを 安心 させて上げて下さい                     W 2016.1.24.

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

猫年齢 人間年齢 体重 特徴、育て方の注意
誕生 0歳 100~120g 生まれたて。目も見えない。耳も聞こえない。
2週間 6ヶ月 250~300g 目が見える。耳が聞こえる。歩き始める。
1ヶ月 2歳 400~500g 歯が生える。乳離れするので離乳食を与え始める。トイレをしつける。
2ヶ月 3歳 950~1000g 社会性が身につき始める。子猫用フードを与え始める。ワクチンを接種。
3ヶ月 5歳 1~1.5kg 動きが活発になってくる。ブラッシングをする。
6ヶ月 12歳 2.5~3kg 遊び盛り。永久歯が生えそろう。避妊・去勢手術が受けられる。
1歳 18歳 3.5~4.5kg 身体の成長が止まる。交尾が出来るようになる。成猫用のフードを与え始める。
2~4歳 24~36歳 3.5~4.5kg 最盛期。発情期が多い。
5~6歳 37~41歳 3.5~4.5kg 衰え始める。白髪が生え始める。病気が多くなってくる。
7~9歳 42~55歳 3.5~4.5kg 高齢猫の始まり。寝ていることが多いので、肥満に注意。老猫用フードを与え始める。
10才~14才 56~76歳 3.5~4.5kg 老猫の始まり。1日のほとんどを寝て過ごす。歯が抜け始める。餌の1回の量を減らして、回数を増やす。病気に注意。
15才~ 77歳~ ~4.5kg 平均寿命。ほとんど寝ている。認知症(トイレを失敗、単調な声で鳴き続ける等)。餌を食べても痩せる。

 

 

猫年齢の見分け方 

猫の年齢を見分けるには歯を見るのが一番わかりやすいです。

子猫なら乳歯の生え方で、成猫なら歯石の蓄積具合でわかります。

他には体格・体重や毛艶なども参考に出来るんですけど、栄養状態などによって変わってくるので、あまり当てにはできません。

当然、栄養状態が悪ければ歳をとっているように見えます。

 猫年齢の見分け方は歯を見るのが一番確実。

獣医さんでも正確に当てることは難しいようです。

 

                                  2017.12.2.

____________________________________________

                                                                     

散歩中よく吠えられます。。。が、その子たちは大抵庭で放されてたりくくられてたり。あるいは散歩させて貰えず・偶に散歩に。。。と自由や無かったり、ストレスが溜まってたり、淋しかったりするのかなぁ~と思います。遠吠えするときは要求が一杯有って限界!!って子もいるのかしら・・・聞いてると辛くなります。大人しい子は、クンクンと見ず知らずの私に甘えてきたり。

 

家の中で飼われてる犬の殆どが無駄吠えしません。

家の中ばかりの子は社会性が育たないので 他の犬や人を見ると矢鱈と吠える子がいますが、

犬の一日は人の四分の一日です。なるべく犬を連れ出し、遊んで一緒に走ったり話しかけたりして上げて下さい。

折角同じ時間をこの人生で過ごす仲間なのですから。

---------------------------------------------------------------------------------------

 

 

犬の散歩に行くと・・・

平気で便をそのままにして行く飼い主さんがいます。

 

まずそのままの便で困るのは

*知らずに踏んづける。 *夜は特に踏んづける。 *夏前にはすでに蠅がたかって不衛生。

*公園なんかだと子供がゴロゴロして遊んでる。知らないで遊ぶと不衛生。

 

 便をしたら、トイレットペーパーで(紙)便に被せるようにふんわり乗せ、ビニール袋に飼い主の手を突っ込んで裏返す。手袋みたいな状態で トイレットペーパーがふんわり乗った便をつかむ。ひっくり返して、結ぶ。家に持ち帰ったらトイレに行き、ハサミでビニール袋の口を切ります。汚れない様にソッとひっくり返して便器に流す。

その空のビニール袋は、私は新聞紙やビラなどに包み捨てています。

 

たったこれだけ。 これで本来の正式な飼い主です。

トイレに便を流すことは、是非やって頂きたいことです。何故か?・・・その便の袋をそのまま生ゴミで捨てると袋が破裂してしまう事があります。ゴミの収集者の方々に大変失礼な事になるので、気を配って欲しいです。                             2016.1.10.