最近野良猫を保護して・・・本当にそうっだったのか・・・と、気が付いた事。

 

 たまに野良猫を保護すると、思いっきり泣き喚く子がいます。一番酷かった鳴き方をしてたのが、ナナちゃん(鳴き方がなぁ~~なぁ~~がぁ~~と鳴く)ずーっと鳴いています。同じ部屋にいる猫達にはたまったモノじゃない・・・。

外に出せ~~なのか?お腹空いた~~? 怖いよう~~~!! 何するねん!! 閉じ込めて・・・なのか?でも此処が温かく安全で、人も優しいし。。。と分かってくれたら 鳴かなくなります。

 

がっちゃん、という雄猫は約2週間 朝も昼も夜も 鳴き詰めでした。

でも、ナナちゃんは5週間強ないていました。声、大丈夫?と心配するほど・・・。

 

鳴くから・・・と言って放り出さないで下さい。

 

皆さま、猫を保護して優しく接して上げて下さい。 

 

絶対にその内 鳴き止みます。

怒らないで下さい。お話が上手な子ほど よく鳴きます。

 

犬も猫も、要求があって鳴いています。

鳴いていたら

『どうしたの?』と必ず話しかけて、聞いて上げて下さい。

犬や猫が言ってる事が絶対分かります。分かる様なります。

彼らを 安心 させて上げて下さい                     W 2016.1.24.

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

かぐやちゃん検査に行きました

 

寝込みを襲って何とか確保。病院に連れていきました。

 

検査して頂くのに【血を抜く】作業ですが…可哀想に…血管に何度も針を刺しても血が抜けませんでした。何度か先生が頑張って下さり少し血を採る事が出来ました。

 

検査結果は貧血…成長期に餌が足らなくてズーッとひもじい思いで来た子。

こんなところで影響が出るのですね。

 

猫の生後~一年は、人でいう 約18歳~20歳 短期間に成長しなければなりません。

かぐや に限らず、以前保護した母猫===子猫を産み、育てるのに自分のお乳を飲ませるのですが、誰にも餌をもらっていなかった様で、避妊手術の後亡くなりました。

病院で調べたところ『胃の中に蝉の羽が一杯見付かった。』と言われました。

蝉しか食べていなかった。。。なんて…(涙)

可哀想で、哀れでなりません。

子供たちに餌も与えられて、自分もしっかり食べてくれたら私が後は面倒みようと、我が家に来ることになってたのに。。。先生たちも『もう大丈夫だと、安心したのかな。』張りつめていた糸が切れたみたいだった。。。と教えて下さいました。

 

そんな可哀想な猫達が一杯います。せめて かぐやだけでも助けて上げたい。でも栄養価の高い物を一杯食べて、元気になるしか方法はないそうです。

あんまり酷い状態になれば輸血も必要かも知れません。 

 

 

今、かぐやが食べてるのは下記です

 

                                                    

  •  ヒルズ 療法食 プリスクリプション・ダイエット a/d 156g缶 
  •  スペシフィック (SPECIFIC) 療法食 高栄養FPW 子猫用 100g
更新:その後亡くなりました。。。手は尽くしたのですが…悪性貧血でした。

ヘッダーの画像が変わりました     2016.4.4.

W家にて2013年より保護してる成猫です。

名前は我が家に来てから【かぐや】と名付けました。来た時はヨレヨレで今にも死にそうでした。神戸市北区…藤原台や田尾寺 という場所がありますが、その辺りでノラ猫に餌やりをしてた女性が『餌やってる所の周りの人が、いい加減にしないと保健所に通報して持って行く。』と言われ、北神戸アニマルズにサポートを要請されました。

 

最初は『三田市に貰い手が決まってる』と言われたので安心してサポート。捕獲器持参で出かけ、2匹ずつ保護。8匹の野良ちゃん達を病院に連れて行き、検査・ワクチン・手術と終えました。費用は一部出してくれたものの、里親さんに・・・というのがいい加減で渡せません。

 

なんと!!もらってくれるという家は山の中で農家。そこへ一旦放すと言うのです。それを順番に捕まえて、そのお宅のご主人に『野良猫が居て可哀想やから飼ったげよ。』という手はずで、家に入れてもらう予定だそうです。

え~~~っ!! 流石にそれは駄目ですよ! と 私も呆れて『捕まらなかったらどうするんですか?』と 結局W家に預かることになったのです。

 

一匹は里親様が決まり兵庫区へ。

同じ姉妹で黒い子猫?が3匹いましたが、餌が足らずに成長した為か?全く大きくなりません。

姉妹の内一匹(小町ちゃん)は昨年病気で亡くなりました。

同時に保護した中の雄猫2匹も伝染性腹膜炎で死去。

やっと触れたこの2匹は点滴も薬も打てましたが、小町ちゃんは大分慣れてきたにもかかわらず触らせてくれなかった、、、挙句にコタツの中で倒れてるのを見つけました。でも、もう既に意識もなく、亡くなりました。辛かった・・・。

 

折角助けても馴ない子は追いかけるだけでストレス。この【かぐやちゃん】も随分傍には寄って来てくれる様になりました。が、スルッと逃げちゃいます。なんとか捕まえて病院に行き薬を注射して欲しい。4ヶ月位の大きさしかないので、病気もあると思います。この子は全うに年を重ね、最期まで見守りたいです。 

                                  2016.4.W

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

散歩中よく吠えられます。。。がその子たちは大抵庭で放されてたりくくられてたり。あるいは散歩させて貰えず・偶に散歩に。。。と自由や無かったり、ストレスが溜まってたり、淋しかったりするのかなぁ~と思います。遠吠えするときは要求が一杯有って限界!!って子もいるのかしら・・・聞いてると辛くなります。大人しい子は、クンクンと見ず知らずの私に甘えてきたり。

 

家の中で飼われてる犬の殆どが無駄吠えしません。家の中ばかりの子は社会性が育たないので他の犬や人を見ると矢鱈と吠える子がいますが、犬の一日は人の四分の一日です。なるべく犬を連れ出し、遊んで一緒に走ったり話しかけたりして上げて下さい。折角同じ時間をこの人生で過ごす仲間なのですから。

---------------------------------------------------------------------------------------

 

 

犬の散歩に行くと・・・

平気で便をそのままにして行く飼い主さんがいます。

 

まずそのままの便で困るのは

*知らずに踏んづける。 *夜は特に踏んづける。 *夏前にはすでに蠅がたかって不衛生。

*公園なんかだと子供がゴロゴロして遊んでる。知らないで遊ぶと不衛生。

 

 便をしたら、トイレットペーパーで(紙)便に被せるようにふんわり乗せ、ビニール袋に飼い主の手を突っ込んで裏返す。手袋みたいな状態で トイレットペーパーがふんわり乗った便をつかむ。ひっくり返して、結ぶ。家に持ち帰ったらトイレに行き、ハサミでビニール袋の口を切ります。汚れない様にソッとひっくり返して便器に流す。

その空のビニール袋は、私は新聞紙やビラなどに包み捨てています。

 

たったこれだけ。 これで本来の正式な飼い主です。

トイレに便を流すことは、是非やって頂きたいことです。何故か?・・・その便の袋をそのまま生ゴミで捨てると袋が破裂してしまう事があります。ゴミの収集者の方々に大変失礼な事になるので、気を配って欲しいです。                             2016.1.10.